スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性じんましん(中国新聞12/14(火)掲載)

慢性じんましん
 
ママ18歳の息子は体のあちこちにじんましんができて、3、4カ月続いています。どうしたらいいでしょうか。

有田先生
[広島市小児科医会の有田昌彦先生が答えます。]

 じんましんが1カ月以上続く場合を、慢性じんましんと呼びます。一般にじんましんは食物アレルギーで起こると思われがちですが、食物アレルギーが原因の場合は、食後2時間以内に起こる急性がほとんどです。

 慢性の多くは原因が特定できません。一部にはアレルギーとは関連のない食品成分(鮮度の悪い魚や肉によるもの)、人工色素や保存料などの食品添加物が原因のこともあります。一般に風邪をひく、ストレス、皮膚をかく・圧迫する、長湯、発熱、汗、運動などで出やすくなります。規則正しい生活に努め、鮮度のよい食材を用いた自宅での調理を心掛けましょう。

 治療には抗ヒスタミン薬と呼ばれる内服薬が有効です。ただ、抗ヒスタミン薬には数多くがあり、患者によって有効な薬が異なります。1~2週間試してみて、効果がなければ別の薬に変えてもらいましょう。

 自分に合った薬が見つかり症状が治まっても、すぐに中止すると再発しやすい傾向があります。しばらく継続することが大切です。塗り薬に大きな期待はできません。

 慢性じんましんは治ります。ただ、治るまでに数カ月、場合によっては数年かかることもあります。焦らずに治療しましょう。

(広島市小児科医会・有田昌彦先生 ありた小児科アレルギー科クリニック
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。