スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院に行くときは(中国新聞12/21(火)掲載)

通院マナー

おばあちゃん娘が仕事に出るようになり、3歳の孫を病院に連れていくこともありそうです。受診の時の注意点を教えてください。

森先生
[広島市小児科医会の森美喜夫先生が答えます。]

 診断は、症状の経過や家庭での状況を聞いて進めます。ですから、子どもの様子を一番よく知っている人が受診に付き添うのが基本です。

 今回の場合は、お母さんにお子さんの症状の経過のメモを書いてもらい、持参してください。伝言のみでは、情報があやふやになりがちです。できるだけ多くの正確な情報が、的確な診断につながります。

 メモのほか、母子手帳、保険証、診察券も忘れずに。他院に受診して使っている薬があれば、その情報も必要です。

 3歳なら、お気に入りのおもちゃや絵本があると待ち時間が楽でしょう。乳児の場合は哺乳瓶、おむつ、着替えを用意しましょう。風邪でせきがひどい時には、マスクを着ける心配りが大切です。

 発疹は、受診時には消えていることがあるので、出たときに携帯電話やデジタルカメラで写真を撮っておくのも1つの方法です。乳児の下痢では便を持参すると、診断に役立ちます。

 診察では口の中を見ますので、診察前には食べ物を与えてはいけません。診察や処置のときに子どもが動くとけがをする危険がありますから、しっかり抑えてください。

(広島市小児科医会 森美喜夫 もり小児科
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。