スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノロウィルス(中国新聞12/28(火)掲載)

ノロ


ママ1
5歳の息子が通っている保育園で、ノロウイルス(小型球形ウイルス)が原因の嘔吐下痢症が流行しているそうです。ノロウイルスって怖いのですか。

dr_yamamoto.jpg

[広島市小児科医会の山本恵先生が答えます]

 ノロウイルスに感染すると突然嘔吐が何度もあり、あっという間に子どもがぐったりしてしまいます。感染力が非常に強く、集団感染も発生しやすいです。そのために怖がられていますが、死亡することはほとんどありません。

 嘔吐と発熱が1~2日が続き、約7日間、下痢になって水のような便が何度も出るのが主な症状です。嘔吐は夜間などに突然始まり、一晩中続くため厄介です。

 脱水がひどくならないようにするのがポイントです。ただ、吐き気が強い子どもに一度に大量のジュースを与えては逆効果です。経口補液飲料を10分間ごとに10㏄ずつ飲ませる治療が一般的になってきました。ぐったりして飲む元気もないときは、医療機関を受診してください。

 吐き気止めの座薬を使ったり、点滴したりすることもあります。便にはノロウイルスが大量に含まれており、ウイルスを体の外に出したいため、下痢は止めません。

 患者さんの便や吐物から蒸発したノロウイルスをほんの個吸い込むだけで感染してしまうため、集団感染が起こりやすいです。下痢の間は、保育園や幼稚園、学校をお休みしてください。

(広島市小児科医会 山本恵)
どんぐり小児科
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。