スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSウィルス感染症(中国新聞12/7(火)掲載)

RSウィルス
 
ママ2RSウイルス感染症が、2歳の娘が通っている保育園ではやっています。どんな病気ですか?

 藤江先生
[広島市小児科医会の藤江篤志先生が答えます]

 RSウイルス感染症は、主に冬場に流行する風邪の一つです。ウイルスを持っている人のせきなどの飛沫や、鼻水を触った手などを介してうつります。

 症状が出るまでの期間は5日前後で、大人を含めて生涯に何度も感染します。年齢によって症状が異なるのが特徴です。大人になると鼻かぜぐらいで済みますが、幼児期には発熱、せき、たん、鼻水などインフルエンザと同じような症状になることがあります。

 乳児期には、発熱よりも呼吸困難の方がが目立ちます。「ゼ、ゼ、ゼ、ゼ」とうなるような速い呼吸となり、息苦しいのでおなかがすいてもミルクが飲めなくなり、ひどい場合には入院が必要になることもあります。

 新生児期には無呼吸を起こすこともあります。特に早産児や先天性心疾患、免疫不全の子どもは、重症化することがあり、注意が必要です。
 特効薬はなく、鼻汁吸引などの対症療法や、ひどい呼吸困難のときには入院して酸素投与や輸液をして、1週間前後で回復に向かいます。

 中耳炎を併発することが多いので、熱が長引いたり耳を痛がったりする場合には、耳鼻科の受診をお勧めします。
(広島市小児科医会・藤江篤志 ふじえ小児科
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。